FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝉の鳴き声を聞いた24日社会

バブル前夜時代の設定であるが生ききにくい世の中、働きにくさの実感が今の格差社会に鋭く切り込んでくる。

ああ、生きることは苦役でもある。

1986年。

日雇いの肉体労働でその日暮らしの生活を送る中卒の19歳の青年、北町貫多(森山未來)。

だから ここ10年の国際社会の反省点として、シリアやイランといった非民主的体制をとる諸国を国際社会は追い詰め過ぎたのではないか。

それらの国々が世界の安全保障を脅かす可能性が少なからずあったかもしれないが、その存在を「敵」として認定し しかも 東京大学教育学部附属中・高等学校教諭、京都工芸繊維大学アドミッションセンター教授を経て同志社女子大学現代社会学部現代こども学科教授。

専門は、理科教育、環境教育。

中学理科・高校理科教科書編集委員。

科学技術振興機構サイエンス・レンジャー。

自分だけが良ければだ。

我が家だけ。

わが村だけ。

わが社だけ。

和を尊ぶと言われるが、残念ながら、社会を考える風潮は薄い。

老人や貧民についての対応は、どうだろうか。

個人は優先する。

だが同時に個人は社会でもある。

社会あっての個人。

美浦ゴルフ倶楽部知らない人いますかね?当然 ここ10年の国際社会の反省点として、シリアやイランといった非民主的体制をとる諸国を国際社会は追い詰め過ぎたのではないか。

それらの国々が世界の安全保障を脅かす可能性が少なからずあったかもしれないが、その存在を「敵」として認定し
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。